自分を大切にすること。

私のブログは、育児する親が自分を大切にすることが、健全な育児にとって必要なのではないか?という仮説のもと、育児をしながら自分を大切にする方法は何なのかを日々模索する、私の頭の中を晒して行くブログとなっております。

自分を大切にする方法として、私が軸の1つとして考えているのが『健康』です。健康であることが当たり前ではなくなってしまった現代で、いかに健康に過ごすことができるか。これは親でなくてもみんなが抱えている共通課題だと言えます。
不健康であるというのは、どういう状態でしょうか?病気になりやすいだけでなく、イライラしやすかったり、悲観的になりやすかったり。育児やビジネスだけでなく、人間関係を円滑に築いていくことさえ困難になってしまうかもしれません。


食事
コンビニやファーストフードの普及で便利さと手軽さを手に入れ、それと引き換えに新鮮で栄養価の高いものを口にする機会が減りました。

運動
交通手段が増え歩くことさえも少なくなり、さらにはパソコンの普及でデスクワークが増えました。意識的に運動しなければ必然的に運動不足になりやすい社会の仕組みになっているのではないでしょうか。

睡眠
灯りを手に入れて、人間の生活一気に活気づきました。その背景で昼夜逆転の職業が増え、深夜出歩くことが当たり前になってしまったことで睡眠時間を削ってしまう生活が普及しました。


健康は見た目に表れる
程よく筋肉をつけることは基礎代謝、基礎体温を上げ、免疫力を高めるメリットがあります。筋肉が減ると基礎代謝量が下がり、脂肪が溜まりやすいカラダになってしまいます。何より程よく筋肉のついたカラダは、見た目にも引き締まってボディラインも美しくなります。魅力的な人の元には人が集まり、見た目の自信から自己肯定感も上がります。装飾品で飾った外見ではなく、自分のカラダの外見を整えることは、実はメンタルにも直結することなのです。

健康的なカラダは運動だけでは手に入れることができません。いくら運動しても、カラダの素になる食事の質が悪ければ質の悪い体型にしかなりません。また運動したらしっかりと休養しなければ筋肉は回復できず疲労のみが残ってしまいます。つまり3つのバランスを整えることで健康なカラダを手に入れることができるのです。

超ストイックな生活は必要ない
毎日の生活の中で食事・運動・睡眠のバランスを整えるためのポイントさえ押さえておけば、ものすごい重量のダンベルで筋トレしたり、毎日20分以上のランニングをする必要はありません。食事も毎食粗食で制限だらけ!みたいなストレスのたまることも、毎晩日が沈んだら就寝!!(笑)なんて極端な生活も必要ないのです。

死ぬまで続けられる方法を選ぶ
この条件を無視してしまうと、健康づくりは破綻しやすくなります。破綻するとその失敗体験はストレスとなり日常生活にも悪影響をもたらします。だからこそ、モチベーションに頼らない健康的な生活を継続できる仕組みづくりが不可欠なのです。

この考えをベースに、食事・運動・睡眠について私自身実践しながら、このブログでご紹介していきたいと思っています!ちなみに、昨年の6月ごろから健康を取り戻すためにダイエットを始めて、もともとのアレルギー疾患・虚弱体質が、すっかり改善しました!

2018年2月現在の私!

過去の記事も、ぜひ参考にしてみて下さい!気になるタイトルをクリックして下さいね♪
幸せになるための健康づくり
ダイエットの基本
ストレスに負けない
大切な食事の知識
カロリーは敵じゃない!

コメント