大切な食事の知識。

大切な食事の知識、、、というタイトルですが、たんぱく質が〜とか、ビタミンなんとかが〜とか、血糖値が〜ということは、専門家ではないのでお話しできませんが、自分がダイエットをしてきた中で得た知識から、皆さんに分かりやすくお話ししたいと思います。

現代はとても便利な時代。人は忙しい生活の中で、いかに手軽にいかに手早く食事を終わらせるかという考えがごく自然となってきている気がします。カップラーメンなどの加工食品、菓子パンは忙しい人が最も口にすることが多いのではないでしょうか。実はこれらの食品には食品添加物が含まれており、それらが肥満や病気のリスクを上げ、さらにはうつ病の原因にもなりかねないそうなのです。

難しい身体の仕組みは分かりませんが、人間の身体が食べた物で作られることは知識のない私にも理解できます。血液や筋肉だけでなく、当然心臓や肺、脳も食べた物で作られます。つまり、食べた物の質が悪ければ、質の悪い身体になってしまうということですよね。

新鮮で栄養価の高いものを選んで食べること
加工されている食品ではなく生鮮食料品売り場にある肉、魚、野菜をバランスよく取ること

育児していれば、親は子供の食事管理の責任があります。自分の健康のために必要な食事の知識は育児する上でも必要な知識と言えます。加工食品を一切食べてはいけないというわけではありません。日常の食生活をきちんと整得ておくことで、たまに加工食品や甘いお菓子を食べたとしても、すぐに身体が不要なものを身体の外へ出してくれます。

今、身の回りにある便利な加工食品の多くは非常食であると言えます。つまり、人工的に腐りにくくされています。腐りにくいはずの物を腐らないように薬品を使っているのですから、身体にいいはずがありません。非常食を日常で選択して食べること自体が異常なことであると認識することが大切だと考えます。

もし自分や家族の誰かに身体や心の不調があるならば、一度食事を見直してみましょう。もしかしたら、食事で解決することもあるかもしれません。

コメント

  1. […] 先日、大切な食事の知識についてお話しさせていただきました(記事はこちら) […]