初めての家出!!こんな時どうする!?

子供

春休みが始まって、あっという間に1週間が経とうとしています。

毎日毎日が楽しくて春休みを満喫している、、、のも事実ですが、楽しいだけではないのが育児。それなりに頭を悩ませることもあり、日々課題に直面しております。

息子がプチ家出!!


今日は、息子が初めてのおつかいならぬ、初めてのプチ家出をした日。

息子に初めてプチ家出された日となりました(苦笑)。

家出したのは我が家の次男(春から小学2年生)。

 

事の発端は、早く帰宅した夫が、私の車を洗車しに行くからみんなで行こうと言ったのが始まり。その時近所の公園で遊んでいた次男は少し気乗りしなかったようで、「やめとく」というので、じゃぁお母さんとお留守番してようってことに。

玄関に入った瞬間、急に惜しくなったのか、やっぱり行く!!!といってドアを開けたものの、ちょうど夫の運転する車が出た後でした。

その後突っ伏して大泣きする次男。

すぐに電話をすれば、夫も帰ってきてくれたはずですが、敢えて私は電話をしませんでした。

 

夫に電話をしなかった理由


実は、この1週間、自分の要求が通らずに錯乱状態になるまで暴れ泣きしたのが、2回ありました。次男は自分の要求が通らないと分かると、大泣きしながら自分の目を激しくこすったり、自分の手の甲を血が出るまで引っ掻いたりすることがあるので、その2回はなんとかそれをやめさせようと、こちらも意地になって無理やり手を掴んだりしたのですが、力で抑えようとすれば、当然力で反発してきます。

2回目の時にはかなり激しく暴れたので、私もどうしていいか分からず、市の24時間育児相談ダイヤルに電話して、現状を相談したほどでした。

その時に頂いたアドバイスはこんな内容でした。

『力の強い中学生くらいであれば、後ろから抱きついて動きを抑えるホールドという方法もあるけれど、まだ7歳なら安全を確保して見守ること。もし自分を傷つけるような行為をしてしまうのが別の方法でおさまるのなら(我が家の次男の場合は私の脚を殴ること)、しばらくは叩かせてあげて。最低でも1時間は覚悟しておいたほうが良い』

というものでした。

泣いている本人も、なぜ泣いているのか、どうすれば気持ちがおさまるのか分からない、すなわち錯乱状態にあるので、こちらが声かけしたところで聞こえていないし、正論で「暴力はダメ」も通じない。だから出し切るまで付き合ってあげて、と。

幸い電話を切って20分ほどで次男は落ち着きました。途中夫も変わってくれましたが、5分以上グーパンチされた結果、、、

三日経った今でも酷いアザがはっきり残っています。アザだけ見れば完全に家庭内暴力、、、けれど、家庭内暴力という言葉では片付けられないというか、このアザも私が招いた結果だし、きっとこのアザを見て次男も辛いだろうと思いますが、それも次男が招いた結果。受け入れるほか無いのだと思います。

その過程もあって、あの子の要求を受け入れるのでは何も解決しない、まずは日常であの子が愛で満たされている状態にしてあげることが大事なんであって、大泣きなどのアクションを起こさせない、またアクションを起こしても要求が通らないのだということに気づかせることが頭にあったので、今日、夫に電話して戻ってきてもらうことはしませんでした。

 

電話もせず、見守った結果、、、


さて、今回も激しく目をこする次男に、「一生使う目やから大事にせないかんよ」とだけ声をかけて見守っていると、今回はグーパンチされることもなく、思いの外早く落ち着いてくれました。

(やっぱり今までこっちが力で止めようとしてたから余計に暴れたんや、、、)そんなことを思いながら安心したのも束の間、次の瞬間次男が玄関から飛び出していってしまったのです。

慌てて追いかけようとしましたが、私の追いかけようとする姿を確認してさらに逃げるように走り出す次男に、思わず「暗くなる前に帰っておいでや!!!」とだけ声をかけて、その後夫に電話しました。

夫に戻ってきてと電話せず、力で抑え込まず、見守った結果、、、早く泣き止んだけどプチ家出!!となりました・・・。

 

プチ家出、その後のお話。


次男が出て言った時、一瞬目が合ったのですが、すごく冷静な目だったので、必ず帰ってくるなという確信がありました。まだ幼いから行ける範囲も限られてはいるけれど、次男は知らない道に入って迷子になるような子ではないと思ったからです。

その時時刻は17時半過ぎ。流石に18時を超えて薄暗くなる前に帰っていなかったら警察にも電話しようと夫とも電話で話して、しばらくは家で待っていたのですが、さすがに心配になり、夫が洗車から帰ってきたところで、小学校までの通学路を探しに行きました。

しかしどこにも次男の姿は見えず。入れ違ったのかもしれないと自宅に1度戻ることにしました。

これでまだ帰っていなかったら、警察に連絡しよう、、、そんな不安な気持ちで自宅に戻ると、そこには次男の姿が。。。

私を見るなり「お母さんどこ行ってたん!帰ってくんの遅い!」と悪態までつく始末(笑)

今回は結果オーライで事故もなく、事件に巻き込まれることもなかったので、本当に運が良かったんやでって言い聞かせましたが、心から怪我がなくて安心しました。。。

 

今回の記事の内容については賛否両論、いろんな解釈があると思います。私のとった行動がどのように思われたとしても、次男を育てているのは私。こんな子供もいるし、こんな対応している母親もいてる。どのように感じるかは読んでくださる皆様次第。ただ、もしも、同じような子どもの対応に困っているお母さんお父さんがいて、こんなやり方もあるんだって知ってもらえたら、、、と思います。

いつも明るく楽しく、育児しながら幸せになりたい!!そしてそれが本当に子どもたちの未来へ繋がっていくと心から信じてこのブログを綴っていますが、私はまだまだ道半ば。

子どもたちと一緒に前に進むことしかできないけれど、それでも確かにそこに気付きがあって、子どもを置いて行くことも、また、変化を恐れてステイすることもない今の自分を受け入れて、毎日を丁寧に、止まらず歩み続けたい。

生きていたら本当に色んな課題に直面するけれど、きちんと立ち向かえば決して越えられない課題はないのだとか。その時、逃げるか、受け入れて立ち向かうか。正しい選択ができる自分でありたい。

色んなことに想いを馳せる春休みの1日でした。

長文お付き合いありがとうございました!

ぜひコメントください。