日本の教育、どう思う?

ブログを始めて1ヶ月。ブログのことを勉強して行くと、数字やデータみたいな物を記事の中に入れて、記事の信憑性をあげることも重要だそうなんですが、、、私のブログはあくまでも私の頭の中を晒すブログなので、私が必要だ!と思った記事にはそれも入れるかもですが、今回もそういうちゃんとしたデータや数字は、ありません。気になる方はお手数ですがご自身で検索なさってください。すみません。

という前置きから、今回は小学生の宿題の量からみる学校教育への疑問と、私の親としての心構えについてお話ししたいと思います。

我が家の息子3人のうち上2人が小学生。3年生と1年生がいますが、とにかく宿題が多い!!と感じるのは私だけでしょうか。

毎日の宿題の内容
【長男 小学3年生】
漢字ドリル10問
算数プリント約20問1枚
これに+音読orリコーダーなど

【次男 小学1年生】
漢字ドリル10問、
計算ドリル1ページ
これに+音読or計算カード

増減ありますが、大体これが毎日の宿題として出されています。

自分が小学生の頃のことを遡って思い出そうとしたのですが、何せ30年近く前のことなので曖昧。。。なのですが、宿題で苦労した記憶はあまりないのです。私は小学生の頃習い事は週1回の習字のみ。ほぼ毎日学校から帰ったら暗くなるまで友達と遊んでいた記憶しかありません。母に聞いても、当時宿題をやれと言った記憶はないと言います。

30年前と今の学校教育は色々な点が違いますが、まず真っ先に思うのは、土曜日の授業。今は土日祝は学校はお休みですが、昔は土曜日も午前のみ授業がありました。ゆとり教育とか詰め込み教育とか、言葉だけは耳にしたことがありますが、今我が子が小学生になってやっと、日本の教育について考えるようになりました(うん、遅い。。。)

教える内容は多いのに授業の時間が少な過ぎるがゆえに、宿題で補っている印象なのですが、これってどうなんでしょうか。宿題が悪い!とは言いません。復習することや家庭学習の機会としては必要な取り組みだと理解しています。
しかし、今の時代の子供たちは習い事や塾などでとにかく忙しい。そんな子供たちに本当に必要なことは、大人になって強みとして活かせる何かを子供のうちから継続して養うことが必要だと思うのです。宿題を前に机に拘束される時間が長ければ、外に出て関心の幅を広げるどころか、人とコミュニケーションを取ることも難しいように感じます。スポーツクラブで人と関わる、習い事で仲間を作る、これも大切ですが、1番は学校の友達とコミュニケーションをとって思い切り遊ぶことで強みを見出して欲しいのです。

少し偏った意見かもしれませんが、だからと言って宿題なくせー!とは言いません。

宿題は減らない。ならどうする?
現状を把握して、どうすれば遊びに行くための時間を確保できるか、ここを子供たちと一緒に考えることで時間の使い方を学ぶことができます。ここで間違えてはいけないのは、大人が全部決めてしまわないこと。宿題をどのタイミングでやるのか、それ以前に宿題をするかしないかも、子供自身に決めさせるべきだと思います。本人に課せられた課題は、本人がクリアしていくためのものなので、親が決めてはいけません。我が家も、宿題をどうするかは自分で決めなさいと伝えています。

日本の学校教育って、、、。
机に向かうよりも、もっと人と向き合うディスカッションを増やすとか、教科書暗記型ではない学習のあり方とか、皆と違うことが減点になってしまうような評価基準だったりとか、疑問に思うことはたくさんあるけれど、どんな環境であったとしても、親が寄り添って課題に向かう子供の姿から目をそらさないこと。必要なときには支えてあげられるような、そんな親でありたいなと思います。

コメント

  1. なっちょ より:

    まるぞうさんへ
    コメントありがとうございます!!
    宿題問題は親にとっても関わり方を考えるきっかけにはなりますね( ̄▽ ̄;)
    この辺はアドラー心理学の本を読んで変わりました( ・ㅂ・)و ̑̑

  2. まるぞう より:

    まだ、小学生ではないですが、宿題問題には、悩まされそうですね。子供自身の主張も大事ですが、親としてのサポートも大事ですね。今後の為に、参考にさせて頂きます。

  3. なっちょ より:

    中朋さんへ
    コメントありがとうございます!
    時間の使い方、時間は無限じゃないことをきちんと子供のうちから認識できるように教えてあげることは本当に必要やと思います。
    結局は中朋さんの言うように子供の意識の問題なのかもしれませんね。
    そこにはやっぱり親の家庭での育児方針が深く関わってくるのだと思います。

  4. 中朋 より:

    宿題問題、地域差が凄いですよね。
    全国的に見て、学力の高くない大阪内でも、地域差があります。

    我が子は、宿題が少ない学校です。
    遊んでいる子は沢山。習い事いっぱいしている子も沢山。
    でも、なかなか学校としての学力は上がりません。
    難しい問題ですよね。
    何となく、子供の意識の問題なのかな?っと感じています。

    私は子供に、時間より高価なものは無い。
    面倒臭いと思わないで過ごすといいよっと伝えています。
    ダラダラばっかりが一番駄目だと伝えています。
    たまにするからダラダラは、気持ちがリラックスするんだよって。

    まとまりのない意見でスンマセン